海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

2019年04月28日

4月の新ドラマ わたし的ツボなもの。

4月始まりの新ドラマ。

色々あったんだけど、
わたしが観ているのはこれらの作品。

火曜22時 わたし定時で帰ります

金曜22時 インハンド
金曜23時 家政婦のミタゾノ

土曜 0時 きのう何食べた
土曜22時 俺のスカ−トどこ行った
土曜23時 東京独身男子
土曜23時 腐女子うっかりゲイに告る


続きを読む

2019年04月18日

春日のプロポーズに涙。

何気なくみた「モニタリング」

春日のプロポーズが取り上げられていて、
観ていたのだけれど。

いやまさか、
最後であんなに泣かされるなんて思ってもみなかったわ。

続きを読む

2019年01月18日

2019年 楽しみにしている冬ドラマ

1月開始の冬ドラマ、
気になるものは録画したり観てみたりしてみたけれど、
結局続けて観たいと思ったのはこちらの4作品になりました。

■初めて恋をした日に読む話(火曜22時)
 原作:持田あき 脚本:吉澤智子

■家売るオンナの逆襲 (水曜22時)
 脚本:大石静

■スキャンダル専門弁護士 QUEEN(木曜22時)
 企画:加藤達也(フジテレビ)
 脚本:倉光泰子、三浦駿斗

■メゾン・ド・ポリス(金曜22時)
 原作:加藤実秋 脚本:黒岩勉

続きを読む

2018年10月27日

テレビを観ながらほろ酔い気分。

昨夜は、
「さんまのまんま」を観て、
「もののけ姫」を観て、
ピザとワインでほろ酔い気分。

181026.jpg

いや〜アシタカって、
惚れ惚れするぐらいいい男だねえ。

清々しい日本男子だわ。

続きを読む

2018年10月25日

テレビで知って胸躍った!騎士団って存在するのね。

最近ハマって読んでいるネット小説。
王宮だとか伯爵令嬢だとか、
騎士だとかフィクションの世界にどっぷり。

そんなわたしが昨日たまたま観たテレビで知った。

イタリアには騎士団がある!?

日本人女性がイタリアのマルタ騎士団で
ナイトの称号を与えられているっていう番組内容で。

現在では騎士団とは言っても、
警護とかそういうのではなくて、
芸術だとかに貢献した人を対象にしているらしい。

続きを読む

2018年09月19日

【ソノサキ】歌舞伎町ホストの帝王

昨日たまたま見たテレビ「ソノサキ」

歌舞伎町のホストクラブで働くROLAND(ローランド)の
あまりの突出ぶりに、
ビックリ、ポカ−ン。

最初は、ホストで凄い儲けてる人ね。
ナンバーワンの人なのね。

金髪で芸能人を意識してるの?
自意識過剰な人なの?

なんて、
見たくないけど怖いもの見たさにのぞいてみる。

・・・そんな感覚だったのだけれど。

続きを読む

2018年09月03日

2018夏ドラマ☆わたし好みなドラマ

ここ数日、朝晩涼しくなってきて、
エアコンなしでも過ごせるようになってきました。

暑過ぎてビールを飲むのさえ控えてたけど、
(飲むと体温が上がって暑さハンパなくて・・・)
これからは少しは飲めるかなあ?

さて、
2018年の夏ドラマもそろそろ終わりが見えてきたけれど、
その中でわたしのツボにハマったドラマはこちら。

■絶対零度

■義母と娘のブルース

■透明なゆりかご

続きを読む

2018年02月25日

オリンピック エキシビジョンで歓声とうっとり。

オリンピックのエキシビジョン。

もちろん羽生君の演技は期待していたけれど、
エアロビでス−パ−マン的な演技のフェルナンデスとか、
バ−ビ−ガ−ルでアクロバティックな演技に見とれてしまったペアの選手とか、
メダリストの演技は凄かった!

ミ−シャ ジーのキレッキレのダンスは、
氷上だとは思えないくらい凄くてビックリ!

観てて感嘆の声が止まりませんでした。

羽生君は溢れ出る色気に目が離せず、
彼の凄さを更に実感。

今日でオリンピックも終わりです。
素晴らしい選手たちに感動しました。


2018年02月21日

大杉漣さん・・・!

「バイプレイヤーズ-もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら-」
を観ながら、
何となくザッピングしていたら、
ニュース番組で大杉漣さんの急死が伝えられていた。

「え?どういうこと・・・?」とビックリして、
ドラマの中の演出なのかと錯覚して。

だって今ドラマやってるよ?
これは本当のことなの??と混乱。

続きを読む

2018年02月18日

金メダル!羽生君がかっこよすぎる!!

フィギアスケ−トの羽生結弦くんの金メダル、
宇野昌麿くんの銀メダル、
どっちも素敵でカッコよかった。

テレビの中継を見ながら、
ドキドキを語り合い、
興奮を伝えあえる妹にも感謝。

前日のSPの完璧な演技の羽生くんは、
何度見ても感動。

ああ、
かっこよかったし、
見ごたえがあったなあ。