2019年04月11日

自宅で出来るサロンの仕上がり☆カラークチュール クリームヘアカラー

年齢を重ねると避けては通れないのが白髪の悩み。

わたしも髪の生え際の白髪が気になって、
毎月白髪染めをしなくてはみっともないことになってしまいます。

今回ご縁あって使ってみたのがこちら。

sknoll1.jpg

スティーブンノル カラークチュール クリームヘアカラー

深くムラのない染め上がりで、
カラーリスト設計によるツヤのある発色が魅力です。

自宅で簡単にセルフ白髪染めが出来るセットです。

sknoll2.jpg

1剤2剤、コームブラシ、トレー、手袋、
アフタ−カラ−シャンプー・トリ−トメント、
ケープ、使用説明書が入っています。


sknoll3.jpg

スティーブンノルのサロンで働く
「カラーリスト」がテストして誕生したカラー。

数種のメインカラーが織り成す絶妙な色合いと、
白髪を均一に染めるベースカラーとの組み合わせ。

サロンクオリティの艶やかな仕上がりが期待できます。

わたしが選んだのは

5M やや暗い エレガントな印象のマロンブラウン


sknoll4.jpg

トレーに1剤と2剤を入れて、
付属のコームブラシで混ぜ合わせます。

sknoll5.jpg

気になる頭頂部の生え際から順番に
説明書を見ながらクリームヘアカラーを髪に乗せていきます。

気になる刺激臭もなく快適です。

クリームは、かためなので垂れてくることもなく、
思ったよりも髪が早く固まるような印象です。

30分後に洗い流して、
付属のアフタ−カラ−シャンプー・トリ−トメントを使えば、
ドライヤーで乾かした後の髪の手触りがツルツルサラリ。

ヘアカラーをすると髪のダメージが気になるところですが、
むしろカラー後の髪の手触りが良くなっていてビックリでした。

またヘアカラーした後って
タオルドライしたときにタオルが染まっちゃうかも・・・と
思っていたのですがそんな心配も不要でした。

sknoll6.jpg

3週間から1か月毎に白髪染めを必要とするわたしですが、
自宅で手軽に出来て、仕上がりにも大満足です。

今回は髪全体に使用したので使い切りましたが、
生え際だけの部分染めに使う場合は、
チューブに残った分は次回使えるのも
便利だなと思いました。



ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
スティーブンノルのモニターに参加しています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。