海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

2015年05月21日

キャロリング 有川浩

「図書館戦争」で初めて知って以来、
すっかり好きになった有川浩さん。

キャロリング」は、
タイトルは聞いたことあったけれど今まで読む機会がなくて。

やっと読みました。
・・・涙、涙で・・・。
途中、何度涙を流したことか。
そして一気に読み終えました。



クリスマスに廃業することが決まった子供服メーカーに勤める大和俊介。
彼と彼の周囲の人々が関わりながら起こる事件。
最後までハラハラさせられつつ、
希望を持てるラストを期待せずにはいられなかったお話。

なんというか、
登場人物の過去が哀しすぎて読んでて辛かった。

有川さんの小説って、
「図書館戦争」みたいに胸キュンラブコメもあれば、
「植物図鑑」のような恋愛ものもあり、
また「3匹のおっさん」みたいなおじいさん大活躍のスカッとするお話まで幅広い。

取り上げているテーマを見ていくと、
本当に色んなところにアンテナはってて、読んでて感慨深い。
この小説はキャラメルボックスで舞台化もされていて、そっちも観てみたいな。



posted by 凪 | Comment(0) | TrackBack(0) | books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック