2015年02月07日

ぐいぐい惹きこまれてゾッとして☆「万能鑑定士Q」 松岡圭祐

綾瀬はるか主演で映画にもなった「万能鑑定士Q」
前々から興味はあったんだけれど、
図書館で借りることが出来たので読んでみました。

150209_023638_ed.jpg
ちなみにこの本は映画化されたものではないけれど、
シリーズの最初のストーリー。

これがまた、何というかすっごく面白かった。
主人公の凛田 莉子(りんだ りこ)の特殊な能力がどうやって培われたのかとか、
読んでいてグイグイ小説の世界に引き込まれる前半。

緻密な計画と発想により日本が陥る事態に唖然としたし。
後半はどういう風に落としどころに辿り着くのか、
不安な気持ち半分で読み進めていく有り様。


松岡さんの本は「蒼い瞳とニュアージュ」や「千里眼」シリーズを
随分前に読んだことがあるのだけれど、
キャラクターが個性的で、
気が付くとその世界にどっぷりハマってしまう魅力があると思う。

映画、観たくなりました。




posted by 凪 | Comment(0) | TrackBack(0) | books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック