2006年07月17日

「容疑者Xの献身」 東野圭吾

推理小説として読み始めたのに、
最後はじんわり泣けて来ました。

最初に殺人の経緯が描かれていて、
すっかりそのトリックにハマってしまった。

実は、天才数学者の石神の考えている事は、
私の考えも及ばない様な仕掛けで。

最後の最後に至まで、
その真相に思いも至らなかった。

大学時代の旧友、湯川氏がいなければ、
彼の完璧なトリックも看破されることはなかっただろう。

面白かった。
これはオススメです。

オンライン書店ビーケーワン:容疑者Xの献身
容疑者Xの献身 東野 圭吾著


この本に出てくる数学者の湯川氏の話は、
シリーズ化しているようなので他の本も読んでみたい。

オンライン書店ビーケーワン:探偵ガリレオ
「探偵ガリレオ」 東野 圭吾著

これもそうらしい。
「容疑者Xの献身」で、
しきりとガリレオって言ってたのは、
この本を読めば解決するのかな?


posted by 凪 | 熊本 ☁ | Comment(0) | TrackBack(3) | books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

東野圭吾【容疑者Xの献身】
Excerpt: 表紙がいい。 黒地に深紅のバラ一輪。 シンプルで美しく、どこか哀しげな感じ。この小説の世界をうまく表現していると思う。 本の帯に「命がけの純愛が生んだ犯罪」とあるが、「純愛」..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-08-04 14:45

東野圭吾 - 容疑者Xの献身 (2005)
Excerpt: ストーリー☆☆ ミステリ☆☆☆ 衝撃☆☆☆☆ すげー大胆というか、トンデモなトリックだなこれ。このトリックを使うためにはどういうストーリーがいいかをきっと何度も作者は推敲して、一番しっくりくる形..
Weblog: BOOKVADER
Tracked: 2006-09-06 06:06

「容疑者Xの献身」東野圭吾著、読んでみました。
Excerpt:    「容疑者Xの献身」東野圭吾著、読んでみました。「東野圭吾」著、10作目。図書館で随分前に予約したのがようやく順番になりました。「直木賞受賞作」だったんですね。本の帯..
Weblog: 男を磨く旅
Tracked: 2007-02-21 19:06